1年生、千葉マツダグループセミナー受講

2級自動車整備科1年生が、千葉マツダグループセミナーを受講したので、その様子をレポートします。

千葉マツダ様、シュテルン千葉様、フォルクスワーゲン様のグループ3社より、講師の方々が講習車両をお持ちいただき、セミナー開講です。

最初は、自分も所有したいロードスターの魅力について説明いただきました。

今年3月に卒業した庄司実果さんが、マツダ3の点検整備要領を、実際に現場で行っている手順で作業しながら説明してくれました。

SPCCI(火花点火制御圧縮着火)を実用化させたスカイアクティブXについて、映像や部品そして実車を使用して説明していただきました。

普段触ることができないメルセデスベンツAMGやフォルクスワーゲンの新型車T-ROC・Rライン、2台のロードスターについて説明していただき、運転席に座ることもできました。
ステアリングを握りしめながら、運転をしているイメージでにやけていました。

今回のセミナーで、マツダの技術力とマツダ車の魅力を知ることができました。
講師の方々には大変お世話になりました。心より感謝を申し上げます。有難うございました。
庄司実果さん、ありがとう。これからもお仕事頑張ってください。