自動車車体整備科 総合実習

修復作業をご紹介

CATS-Iではここまでの技術を習得できます!!

自動車車体整備科ではさまざまな損傷に対応できる板金・塗装のプロフェッショナル『自動車車体整備士』の育成に力を入れています。
1年間学んできた知識・技術の集大成として、総合実習では事故車両を学生が責任を持って修復します。
作業の様子とその仕上がりをどうぞご覧ください。

トヨタ エスティマの修復作業

① 損傷状態 その1

追突によりリアゲートが損傷しています。
バンパーは中古パーツに交換済みです。

①-2 損傷状態 その2

リアゲートを開けた状態です。
バックパネル、リアフロア、リアサイドメンバも損傷を受けており、その影響がクォータパネル左右にまで及んでいました。

② 修正作業を行うための粗出し

変形がひどいため、修正をかける前に大まかな修復をフレーム修正機で行います。

③ フロアパネルの切り取り

損傷のひどいフロアパネルは新品パネルに交換となるため、交換部位を切り取ります。

④ フレーム修正

フレーム各部の寸法を計測しながら新車時の寸法になるようにフレーム修正機によりミリ単位の修正を行います。

⑤ 新品部品の仮り付け

リアゲートは新品部品を取り寄せ、まずは仮付けを行います。部品は黒い状態で届くので最終的に塗装が必要です。

⑥ 新品パネルの溶接

新品のバックパネルをMIG溶接により溶接しています。

⑦ スポット溶接

バックパネル及びフロアをスポット溶接機も併用して溶接します。

⑧ シーリング及び塗装作業

溶接箇所には防水のためシーリングを施します。その後下地塗料(プラサフ)を吹き付け、車両の塗色を調色して上塗りを施します。
塗色は経年変化により、標準の塗料配合割合で作成したものでは微妙ですが色が違います。そのため配合割合を調整して同じ色を調色する技術が大切となります。

⑨ 組付け作業

作業のために取り外した内装部品や塗装を終えたリヤゲート、バンパーなどを取り付けていきます。
特に開閉部分についてはすき間が均一となるように入念に調整をして取り付けます。

そして…ついに完成!!

今回の修復作業内容

リアゲート交換及び塗装
バックパネル交換
リアフロア交換
リアバンパー交換及び塗装
リアサイドメンバー及びクォーターパネル修正・板金・塗装